クワズイモ食うか?

kuwazuimo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:雑貨 ( 6 ) タグの人気記事


2008年 02月 19日

smc PENTAX-FA Soft 85mm F2.8

b0111577_226021.jpg

[PENTAX K10D FA Soft 85mm 1/6sec F4.5 ISO400]



先日の閉店セール中のカメラ屋さんに行ってきた。
前回、PENTAXの台座を購入した際、目をつけていたレンズがあった為だ。
smc PENTAX-FA Soft 85mm F2.8
である。
モトモトこのレンズに照準を合わせていた訳ではないが、出会うべくして出会ってしまったのだ。
ムロン、購入。(もちろん閉店セール中の為、表示価格の50%off。さらに交渉し4000円off。店主様、ご無理を申しましてスミマセンでした。)
また一人、レンズ君が仲間入りした。 ウフフフ。。。



b0111577_2264563.jpg

[PENTAX K10D FA Soft 85mm 1/750sec F4.5 ISO100]



ソフトレンズは、シャープな像のまわりをフレアーによるやわらかな光のトーンが包み込むソフトフォーカス効果が得られる、のだそうな。
フワフワ感がタマラナイ。
でも、ピンと合ってるのかな?
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2008-02-19 22:08 | camera
2008年 02月 11日

みっけ!

b0111577_2135832.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1.3sec F2.8 ISO100]



僕が PENTAX K10D を購入したのは、その性能、コストパフォーマンスもさる事ながら、兄が PENTAX の一眼レフを持っていたという事によるところが大きい。
しかし、そのカメラは故障中であり、そのため兄の写真を撮る姿を最近見てはいなかった。
つまりは、アワヨクバのレンズ狙いである。
しかし、事はそんなに上手くは運ばない。
聞くと、モロモロのジジョーにより行方不明との事。
いずれどこからかヒョッコリ姿を見せるだろうと淡い期待を抱きつつ K10D を購入した次第であった。

先日、実家に帰ると義姉が一言。
「あったよ~。」
聞くと、兄のカメラが部屋の片隅から発見されたとの事であった。
早速、手に取って見る。

PENTAX MZ-5
カメラ MZ-5 は、やはり壊れている。シャッターが切れない。何が原因かは知る由も無い。

smc PENTAX-FA 28-70 F4 AL
レンズの中を覗いてみる。内部のレンズに カビ? 繁殖中。
写るだろうか?

smc PENTAX-FA 80-320 F4.5-5.6
マウント部の電子接点が凹んでしまっている。カメラ側との接続が上手く行かず、一部の機能を制限されるがK10Dで使用可能の様子。

いずれは、フィルムでも撮ってみたいし、修理に出そうか出すまいか、思案中。。。 でも嬉しい!

みっけ!




b0111577_2144486.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 0.3sec F2.8 ISO100]



上の写真のの台座 PENTAX の商品陳列用です。
本日、近所のカメラ屋さんに行った所、道路拡幅のための閉店セール中!
「コレって売って頂けます?」
と、恥ずかしげも無く聞くと店主は、快くOK。
ありがとございます。
台座げっと!
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2008-02-11 02:57 | camera
2008年 01月 30日

働くクルマ

b0111577_2364731.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/80sec F1.9 ISO250]



甥っ子を連れスーパーに買物に行った。
初めて一緒に買物に出かけたので、何か買ってあげようと思い、お菓子コーナーへ。
早速、物色し始める甥っ子。
時折、何かブツブツ独り言を発しながらあちこち探し回っている。
急に立ち止まり、やや大きめの箱を手に取り凝視している。
手に取ったものは、キャンデー ミニ トミカ じょうけいマップセットである。
その昔、オマケ付きお菓子は100円と決まっていた。
キャンデー ミニ トミカ じょうけいマップセット 価格500円也。
オマケ付き菓子の 「相場情報不足」 と 買い与えすぎは良くないとの 「オジゴコロ」 により、他のオマケを勧め、促すも キャンデー ミニ トミカ じょうけいマップセット を手に取ったままウツムキ加減で微動だにしない。
10分ほど考えを改めるよう説得したが、ついに彼はそのスタンスを崩すことは無かった。




b0111577_2371160.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/8sec F3.2 ISO400]



当時は、汗をカキカキ説得したが、今は、
「いいぞ!」
と考える。
その時の彼にとって、キャンデー ミニ トミカ じょうけいマップセット は、 「譲れない一線」 であったのだろう。
微動だにせずウツムク彼の姿が自分とダブり うぷぷっ と軽く吹き出さずにはいられなかった。
すくすく育て! 甥っ子よ!


先日、実家に帰ると キャンデー ミニ トミカ じょうけいマップセット が2種類になっていた。
味を占めたな、甥っ子よ。
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2008-01-30 03:19 | 日常
2007年 11月 08日

インドのラッパ

b0111577_204096.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/20sec F4.0 ISO320]



弟からインドのラッパが届いた。
数年前、インド旅行に旅立つ彼に、リキシャに取り付けるラッパをリクエストした。
結局、発見できなかったとの事で代わりにシルクでできたグリーンの布を頂いた。



b0111577_212116.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/8sec F1.9 ISO200]


そんなことをすっかり忘れていた先日、連絡があった。
「例のラッパ、見つけたから送ったぞ。」 とのこと。
そう、この写真のラッパである。
「ばぁふう、ばぁふう。」 
こんな音色である。
何とも可愛らしくウットリしてしまう。
自宅に帰るととりあえず
「ばぁふう、ばぁふう。」
してしまう。
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2007-11-08 02:03 | 日常
2007年 07月 26日

日本代表

b0111577_0491940.jpg
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/400sec F2.8 ISO100]

アジアカップサッカーを見た。
残念ながらサウジアラビアに 2-3 で敗退。
なんともくやしい。
Jリーグはほぼ無関心であるが、日本代表となるともうイテもタッテもいられない。
深夜にもかかわらず、大声を上げてしまうのだ。


b0111577_050076.jpg
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/320sec F2.8 ISO100]

昨夜は、背番号22 “Bomber Head” 中澤祐二選手、輝いていましたねー。
この選手、高校時代は輝かしいというわけではなかったが、自分の信じる道として卒業後、単身ブラジルに渡る。
その後、テスト生としてヴェルディ川崎に入団。
こんな非エリート性(「雑草」)こそ彼のプレーのベースとなっているのだそうだ。
うーん、好きです。こんなひと。
昨夜の試合でも走る走る。いい。
僕もしようかなー、ボンバーヘッド。。。

中澤祐二OFFICIAL WEB SITE ~BOMBER22.COM~


[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2007-07-26 09:21 | sports
2007年 06月 26日

ウィンブルドンとローランギャロス

先ほどテレビをつけると
おおっ
中村藍子選手がウィンブルドンの本選を戦っている。
ああ~。もう今年もこんな季節なんだな~
と、趣味としてテニスを愛好している私は、しばし見入ってしまった。


b0111577_14472546.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100 HDR]

こちらは、オークションにて落札した 「王者フェデラー」 フィギュア
Wilsonのラケット 「[K] SIX.ONE TOUR 90」 に限定3500体という抱え合わせ商法的に付属していたものだ。
草大会出場の前には、二礼二拍手一礼してから出掛けることにしている。
ウィンブルドンは、伝統もあり サーブ&ボレーのプレイヤーに有利な 「芝」 のサーフェスである。 
私の好きなカツテの名プレイヤー 「ステファン・エドバーグ」 や 「ボリス・ベッカー」 等が必ず活躍するため、高校生の頃には食い入るように見たものだ。
難点がひとつ。
準決勝・決勝ともなるとそのキレイでウツクシかった 「芝」 が徐々に荒れてくる。
私は、「ビデオで録って、スローで再生したい派」 であるので、そうすると ボールの黄色 と 荒れた芝の黄色 が重なっちゃって、スローなのにボールを見失っちゃって ヒジョー にツライのである。
やっぱり芝は、
「イイんだよー」「グリーンだよー」
でなきゃ。


b0111577_14475732.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100]

そしてこちらは、「ローランギャロスの砂」 である。
新婚旅行にて訪れたパリにて 開催していた全仏オープン会場で購入したものである。
パリでのフリーの貴重な一日。
チケットも取れずに旅立った為、現地にて 「Please Ticket」 と書いたメモ用紙を持ち 1~2時間パリのダフ屋と格闘。
どの国にも 「いいひと」はいるもので Ticket を Get!
入場に成功したという 「甲子園の砂」 に匹敵する 涙、ナミダの由緒正しい砂 なのである。
いずれ、「ドタバタ新婚旅行記」 もアップ出来れば、と思っている。

[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2007-06-26 01:53 | tennis