2007年 11月 09日

「LITTLE MISS SUNSHINE」

b0111577_1331012.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/8sec F4.5 ISO200]


一癖も二癖もある家族がある旅を通じてその絆を取り戻してゆく。
ハチャメチャな家族であるがその一人一人が個性があり憎めない。
僕の 「ステキ映画」 上位にランクインしました。



b0111577_1344914.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/6sec F4.5 ISO200]


オリーブがとてもキュートで可愛らしい。
エンディングがまたステキ。
もう笑い泣きでした。こんなのはじめて。
誰も認めてくれなくても家族は必死にサポートしてくれる。
家族ってそういうものなのだなー。
[PR]

# by kuwazuimo_kuuka | 2007-11-09 01:35 | 映画
2007年 11月 08日

インドのラッパ

b0111577_204096.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/20sec F4.0 ISO320]



弟からインドのラッパが届いた。
数年前、インド旅行に旅立つ彼に、リキシャに取り付けるラッパをリクエストした。
結局、発見できなかったとの事で代わりにシルクでできたグリーンの布を頂いた。



b0111577_212116.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/8sec F1.9 ISO200]


そんなことをすっかり忘れていた先日、連絡があった。
「例のラッパ、見つけたから送ったぞ。」 とのこと。
そう、この写真のラッパである。
「ばぁふう、ばぁふう。」 
こんな音色である。
何とも可愛らしくウットリしてしまう。
自宅に帰るととりあえず
「ばぁふう、ばぁふう。」
してしまう。
[PR]

# by kuwazuimo_kuuka | 2007-11-08 02:03 | 日常
2007年 10月 10日

「BLOOD DIAMOND」

b0111577_213411.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/6sec F2.8 ISO100]


映画 「BLOOD DIAMONDO」 をみた。

アフリカでは、ダイヤモンドの採掘権を争って内戦や紛争が起こっている。
そのような地域で産出されるダイヤモンドのことを
BLOOD DIAMONDO と言うそうだ。
そう、
血のダイヤモンド



b0111577_2133016.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 2.5sec F4.0 ISO100]


私は、結婚するにあたって給料3か月分とまでは言わないがダイヤモンドのネックレスを送った。
この映画を見終わった後、二人で
「もしこれから結婚するのならダイヤモンドはいらないね。」
「うん、うん。」
などと話をした。

ダイヤモンドのネックレスを買う前に、このダイヤモンドがどこで加工され、どんなルートで輸入され、どこで採掘されたのか? そしてどれ程の血が流れているのか。
そんなことを考える人は恐らくいないだろう。

私の持つダイヤモンドのイメージがガラッと変わった。
考えてみると、天然鉱石で最も硬く産出量も少ないという特徴はあるが、地球上の鉱石のひとつに過ぎないのだ。

縁あって私たちの手元に辿り着いたダイヤモンドのネックレス。
どんな経緯でここに来たのか。
誰が掘って、誰が削って、誰が運んだのか?
とにかく大切にしなければ、と思う。
[PR]

# by kuwazuimo_kuuka | 2007-10-10 02:33 | 映画
2007年 10月 08日

冬の足音

b0111577_111773.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/30sec F2.2 ISO100]


最近、冬の訪れを意識せずにはいられない。
今年は温暖化の影響なのか夏が長く、そのぶん急激に秋の気配を感じる為、あの恐怖の寒さを急速に思い出しつつある。
寒さだけならまだいいが、冬には雪が付き物。
雪は日常の生活スタイルに確実に影響を及ぼす。
と、こんなことを書いているとユキダルマ式に憂鬱な気分になってしまう。



b0111577_1115733.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/10sec F2.8 ISO100]


が、しかしである。
毎年必ず訪れる初雪の日。
その日はもうロマンティックが止まらない。
ナゼだかわからないが、ドキドキしてしまうのだ。
初雪には人間の心理に訴えかける何かがあるのかもしれない。

が、しかしである。
そのあとには、確実に恐怖の寒さと除雪の日々が待ち構えているのだ。。。orz
[PR]

# by kuwazuimo_kuuka | 2007-10-08 01:15 | 日常
2007年 10月 05日

「HOTEL RWANDA」

b0111577_18181024.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/30sec F3.2 ISO250]


大変に重い映画でした。
描かれているのは、ルワンダで起こった内戦について。
特にその際起こったジェノサイドについてである。
人間が民族という集団で凝集したとき、「我々」 と 「彼ら」 とに二分され、その規範は、エスカレートしてゆく。
何とも恐ろしいことである。


b0111577_18183765.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/13sec F3.2 ISO250]


本編の中で、ホアキン・フェニックス演じる報道カメラマンが語った一言。
「世界の人々はあの映像を見て “怖いね” と言うだけでディナーを続ける。」
ディナーを続けるのもまた、自分も含め人間なんだよな。
民族・宗教・人種・・・。
難しいです。

今回は、話のスケールが大き過ぎたか?
[PR]

# by kuwazuimo_kuuka | 2007-10-05 18:22 | 映画