カテゴリ:映画( 3 )


2007年 11月 09日

「LITTLE MISS SUNSHINE」

b0111577_1331012.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/8sec F4.5 ISO200]


一癖も二癖もある家族がある旅を通じてその絆を取り戻してゆく。
ハチャメチャな家族であるがその一人一人が個性があり憎めない。
僕の 「ステキ映画」 上位にランクインしました。



b0111577_1344914.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/6sec F4.5 ISO200]


オリーブがとてもキュートで可愛らしい。
エンディングがまたステキ。
もう笑い泣きでした。こんなのはじめて。
誰も認めてくれなくても家族は必死にサポートしてくれる。
家族ってそういうものなのだなー。
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2007-11-09 01:35 | 映画
2007年 10月 10日

「BLOOD DIAMOND」

b0111577_213411.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/6sec F2.8 ISO100]


映画 「BLOOD DIAMONDO」 をみた。

アフリカでは、ダイヤモンドの採掘権を争って内戦や紛争が起こっている。
そのような地域で産出されるダイヤモンドのことを
BLOOD DIAMONDO と言うそうだ。
そう、
血のダイヤモンド



b0111577_2133016.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 2.5sec F4.0 ISO100]


私は、結婚するにあたって給料3か月分とまでは言わないがダイヤモンドのネックレスを送った。
この映画を見終わった後、二人で
「もしこれから結婚するのならダイヤモンドはいらないね。」
「うん、うん。」
などと話をした。

ダイヤモンドのネックレスを買う前に、このダイヤモンドがどこで加工され、どんなルートで輸入され、どこで採掘されたのか? そしてどれ程の血が流れているのか。
そんなことを考える人は恐らくいないだろう。

私の持つダイヤモンドのイメージがガラッと変わった。
考えてみると、天然鉱石で最も硬く産出量も少ないという特徴はあるが、地球上の鉱石のひとつに過ぎないのだ。

縁あって私たちの手元に辿り着いたダイヤモンドのネックレス。
どんな経緯でここに来たのか。
誰が掘って、誰が削って、誰が運んだのか?
とにかく大切にしなければ、と思う。
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2007-10-10 02:33 | 映画
2007年 10月 05日

「HOTEL RWANDA」

b0111577_18181024.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/30sec F3.2 ISO250]


大変に重い映画でした。
描かれているのは、ルワンダで起こった内戦について。
特にその際起こったジェノサイドについてである。
人間が民族という集団で凝集したとき、「我々」 と 「彼ら」 とに二分され、その規範は、エスカレートしてゆく。
何とも恐ろしいことである。


b0111577_18183765.jpg

[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/13sec F3.2 ISO250]


本編の中で、ホアキン・フェニックス演じる報道カメラマンが語った一言。
「世界の人々はあの映像を見て “怖いね” と言うだけでディナーを続ける。」
ディナーを続けるのもまた、自分も含め人間なんだよな。
民族・宗教・人種・・・。
難しいです。

今回は、話のスケールが大き過ぎたか?
[PR]

by kuwazuimo_kuuka | 2007-10-05 18:22 | 映画